人生が変わる

中身も変わる

念願の二重

プチ整形と聞くと、どうしても容姿的に変わることをイメージしてしまいます。
もちろん、それが大前提ですし、「整形」とは、そういうものです。
例えば、一重まぶたから二重まぶたにするのもプチ整形です。
目の下に、ヒアルロン酸を入れて涙袋を作るのもプチ整形です。
ほかにも、いろんな施術内容がありますが、どれも変わるのは容姿だけではないのです。
それは、一体どういうことなのかというと、見た目が変われば中身も変わるということです。

プチ整形をしたいと思っている人は、少なからず自分の容姿にコンプレックスを抱えています。
コンプレックスは、人には見せたくない、隠したいと思うことが普通です。
人によっては、コンプレックスを武器にしている人もいます。
例えば、お笑い芸人がそうです。「ブス」や「デブ」といった悪口も、お笑い芸人は、笑いに変えます。
ただ、一般の人もそうかと言われると、そうではありません。
一般の人が、誰かに「ブス」や「デブ」と言われると、当然傷ついてしまいます。
ひどい場合は、人目につきたくないということで、部屋にこもりがちになってしまうこともあるでしょう。
そうして、少しずつ自信喪失して、人と接することを避けるようになることもあるのです。
コミュニケーションを取ることに対して積極的になれず、一人でいる時間が多くなってしまいます。
「人に見られる」ことを諦めてしまうと、そこから急激に衰えていきます。
やはり人間は、誰かに見られているということを潜在的に意識しているので、容姿にも気を使うのです。

しかし、プチ整形を受けて、それまで抱えていた悩みやコンプレックスが解消されれば、閉ざしていた心を少しずつ開いていくでしょう。
自信も取り戻すことができるでしょうし、人と接することに積極的になり、また楽しさを感じるまでになるかもしれません。
容姿を変えることは、自分の中身を変えることでもあるのです。